ローンが残っている車売る

車の売却で損をする人の共通点
車売るならここに注意!

まだローンが残っている車を売りたい人へのアドバイス

結論から言うと、
ローンが残っていても車は問題なく売れます。

ディーラーなどでローンを組んだ場合、所有権というものがついています。ローンを完済するまでは、その車の所有者はディーラー、あるいは信販会社ということになっています。自分はあくまでも使用者という立場。

車検証を確認してみて下さい。所有者の欄にディーラーや信販会社の名前が記載されているはずです。

しかし大手買取店のローン完済サービスを使えば、この所有権は簡単に外せます。

所有権には大手買取店のローン完済サービスを

ローンが残ってる車を売る まだローン返済途中のため所有権が付いてしまっている車でも、大手買取店で売ればほとんど手間は掛かりません。ガリバーやカーチスなどの大手買取店なら必ずと言っていいほど、ローンの完済サービスを行っています。

これは買取金額の一部をローンの精算に当てようというもの。例えばローン残高が30万円なら、買取金額から30万円分をローンの精算に当て、所有権を外してくれます。

例えば買取の査定額が50万円で、ローン残高30万円なら・・・
50万円-30万円=20万円が手元に

もしローン残高が買取金額を上回っていたら、足りない分を支払って所有権を外すことになります。

この差額分が大き過ぎて一括では払えないようなら、分割で払うことも出来ます。大手の買取店なら大抵これ用のローンを用意しています。



▲ このページの先頭へ





その他のカテゴリー

車購入に役立つ記事 | 車売却に役立つ記事 | 車売却に関する基本事項




▲ このページの先頭へ