残価設定ローン 売却

車の売却で損をする人の共通点
車売るならここに注意!

残価設定ローンの車を売却したい人へのアドバイス

残価設定ローンの車も買取店で売ることが可能です。

その方法は普通のローンで購入した場合と一緒です。
参考記事:まだローンが残っている車を売りたい人へのアドバイス

ようは残りの未払い分を精算すれば良いだけ。残価設定ローンの場合、精算しないといけないものが3つあります。

・残りの月額ローン
・購入時に引いてもらった下取り予定価格
・現在の車の状態によって追加されるマイナス査定額

買取店に車を査定に出して、その買取金でこの未払分を精算出来ます。足りないならその分を余計に出さないといけないし、買取金の方が上回っていたら、懐にいくらか入ります。

小さなお店などでは対応していない場合もあります。その場合はまずこれら全額を自力で繰り上げ返済し、一度自分所有の車にしてから、買取店に売りに行くという2段階の行程が必要になります。

車を査定してもらうときに、残価設定ローンの車であることを伝え、買取代金で未払い分の精算をしてもらえるのか確認しておくといいでしょう。

残価設定ローンの車は売却に向かない

残価設定ローンの車というのは、基本的にはそのままその制度どおりに返却するなり、乗り替えるなりした方がいいです。

通常のローンと違って中途解約をしての売却は、非常に不利を受けるシステムになっています。金利が割高だったり、残価設定が低かったりするためです。

途中で車を売却するつもりなら、はじめから残価設定ローンで車は購入しない方がいいです。残価設定ローンで車を買うなら、期限まできっちりとその車を乗り続けるべきです。

金銭的なことを考えれば、そう結論せざるを得ないローンシステムになっています。

だから残価設定ローンの車を買取店で売ろうとしても、大抵は買取金額より未払い分の方が大きいことがほとんど。車を売って、更に自腹でいくらか支払わないといけないことになります。

こちらも参考に:
残価設定ローンで車を買うメリットとデメリット



▲ このページの先頭へ





その他のカテゴリー

車購入に役立つ記事 | 車売却に役立つ記事 | 車売却に関する基本事項




▲ このページの先頭へ