車売却 車売る 下取り

車の売却で損をする人の共通点
車売るならここに注意!

一番楽な車売却法はディーラの下取り

車を売却する方法はいくつかあります。

・買取店での売却。
・ディーラーの下取り。
・オークションへ出展など。

この中で一番楽を出来るのがディーラーの下取り。次の車を買うお店に引き取ってもらうのだから、購入と売却がひと手間で済んでしまいます。

査定額は低くなるけど、下取りって楽チン

ダイハツ 軽自動車 ディーラーでの下取りは、買取り店などに持ち込んで査定してもらうよりは、安い売却価格しか提示されません。

買取り店などでは市場価値で査定額は大きく跳ね上がったりします。人気車種や状態のいい車など買い手がすぐ付きそうな車なら、各店がこぞって買い取ろうと競争するため、かなりの売却額を期待出来ます。

ディーラーの下取りではそうした市場価値はあまり反映されません。だいたい新車販売価格の何パーセントというように価格基準が決まっています。それ以上の査定額を期待することは、ほとんど出来ません。

しかしやはり新車の購入と、今乗っている車の売却が同時に行えるのは、楽でいいですよね。

忙しくて車の売却に時間を割く余裕がない人は、下取りを活用していきましょう。

下取りと値引きの合計マジックには注意を

車の下取りで注意しないといけないのは、値引きとの兼ね合い。

購入する新車の値引きは満足出来るものだったけど、代わりに今乗っている車の下取り価格を抑えられたというケースはよくあります。

逆に、下取りはいい値段を提示されたけど、新車の値引き額は低く抑えられたというケースもあります。

ディーラーでの下取りはどちらかでいい値段を提示して、得したように見せかけることはよくあります。

値引きは高値、でも下取りは低く抑えられた。
下取りは高値、でも値引きは低く抑えられた。

こうした価格のマジックには要注意です。相場と比較して本当に得したのか損したのかを判断しないといけません。

買取店に比べて下取りは5万円~10万円安く査定されるのは仕方ありません。楽をするための手間賃だと思ってあきらめましょう。

下取りで妙にいい値段が付いても、その分新車の値引き額を抑えられる可能性があることは、肝に銘じておくべきです。



▲ このページの先頭へ





その他のカテゴリー

車購入に役立つ記事 | 車売却に役立つ記事 | 車売却に関する基本事項




▲ このページの先頭へ