車売却 希望額

車の売却で損をする人の共通点
車売るならここに注意!

車の売却希望額を聞かれても具体的な数字は言わない方がいい

車を売るとき、買取店の店員に希望額を聞かれることはよくあります。

査定の依頼をするため電話したときに聞かれることもあるし、実際に車を見せたときに聞かれることもあるし。

「いくらなら売ってくれますか?」そう聞かれたとき、何と答えていますか?

一番マズイのはふっかけること

いくらなら売ってくれるのかと営業マンに聞かれたとき、一番良くないのはふっかけること。90万円ぐらいが相場の車なのに「150万円なら売ってあげますよ」などと言ってしまうと、相手の心象を大きく損ねます。

バカみたいな金額を提示すると、営業マンは呆れて帰ってしまうでしょう。

あるいは「コイツこの車の相場を全然知らないんじゃねーの?」と見下され、かえって相場より安い値段で買い叩かれる可能性があります。

自分の車の相場を事前に知っておくというのは、車を売るときの基本です。相場を知らないまま金額をふっかけるのは無謀というもの。生兵法は大怪我のもとなのです。

希望額を聞かれても具体的な数字は言わない

買取の営業マンに希望金額を聞かれたときに一番いい答えは、具体的な数字を言わず、一番高い金額を提示してくれた所に売るつもりだと伝えること。

相場より高すぎる金額を言ってしまうと呆れられるし、低い金額を言ってしまうと、その値段で買い叩かれます。

相場よりちょっと高い値段を言っておいても、もうそれ以上の金額は期待できなくなり、自ら可能性を狭めてしまう結果に。

このように希望の売却額というのは、どう答えてもいい結果にはつながりにくいのです。だから営業マンはわざわざ希望額を聞いてくる、とも言えます。

買取交渉の終盤なら「75万円で買ってくれるならアナタのお店に売ります」というように具体的な数字を提示して、最終調整を行いますが、まだ査定が出揃ってもいない段階では、何度聞かれても「一番高く買ってくれるところに売る」の一点張りが、損をしない最上の方法です。



▲ このページの先頭へ





その他のカテゴリー

車購入に役立つ記事 | 車売却に役立つ記事 | 車売却に関する基本事項




▲ このページの先頭へ