車を売るとき

車の売却で損をする人の共通点
車売るならここに注意!

車を売るときって自分で買取店に持って行けばいいの?

車を売却する方法は4通りほどあります。

・ディーラーで下取りしてもらう。
・買取店で売る。
・オークション代行
・友達に売る。

オークション代行や個人売買は手続きが面倒だったり、トラブルが起きたときに自分で解決しないといけなかったりするため、一般の人は避けた方が無難。

車の売買について特別知識がある人ならオークションや友人への売却も良いのですが、素人が手を出すと面倒なことになりかねません。

そこで一般的には下取りか買取りで車を売却することになります。

新車を購入するディーラーで下取りしてもらうと、手間がかからずとっても楽チン。でも査定額は買取店よりも低くなります。

少しでも高く売りたいなら、買取店で売却しましょう。車を直接お店に持ち込んでもいいのですが、無料で出張査定をしてくれます。買取店のホームページから簡単に申し込めるので便利です。

買取店へすぐに車を持ち込むのは失敗のもと

車の売却で注意しないとけないのは、一社だけにしか査定をお願いしないでいると、安く買い叩かれてしまうということ。

査定は必ず複数のお店にお願いした方がいいです。

こうした車売却の鉄則を知らないまま、車を買取店に持って行くと、かなり安い査定額が出てきます。

ずいぶん安いなと思っても、営業マンはあの手この手で言いくるめようとしてきます。帰ろうとしてもなかなか帰してくれないでしょう。キッズコーナーを設けているお店なら、子供を人質に取られたような感じになり、契約しない限り帰してくれない雰囲気で迫ってきます。

このような事態に陥らないためには、複数のお店に査定を依頼してることをきちんと営業マンに伝えることです。すべての見積りが出揃ったら、その中で一番いい金額を提示してくれたお店に売るつもりだと。

とはいえ、いちいち各店に見積もりのお願いを依頼するのは面倒ですよね。

でもネットには一度に複数のお店に見積もりを依頼できるサービスがあります。こうした無料一括査定サイトを上手に利用すると、車売却の手間を大幅に減らせます。

トップページで車売却で失敗しやすい人の共通点とともに、一括査定もご紹介しています。そちらも参考にして下さい。

車の売却で損をする人の共通点



▲ このページの先頭へ





その他のカテゴリー

車購入に役立つ記事 | 車売却に役立つ記事 | 車売却に関する基本事項




▲ このページの先頭へ