車売却 車購入

車の売却で損をする人の共通点
車売るならここに注意!

車の購入と売却を同時に行うと手間が掛からない

車の乗り換えのとき、売却と購入がスムーズにいかないと、しばらく車がない状態になって不便です。

そうならない一番の方法は、次の車を購入するお店で現在の車も売却してしまうこと。これなら今の車と引き換えに新車を受け取る形になるから、車に乗れない期間は生まれません。

新車販売のディーラーで次の車を購入するにしろ、中古車販売店で次の車を購入するにしろ、今乗っている車と引き換える形で次の車に乗り換えるのが、一番スムーズな方法です。

車の購入がほぼ決まっていると買取金額は低く抑えられてしまう

ディーラーで新車を買い。その店で下取りしてもらうと、スムーズに車を乗り換えることが出来ます。

しかしこうした場合、高価買取は期待しない方がいいです。

そのお店で次に乗る車の購入が決まっていると、売却額は必ず低く抑えられます。トップページでも買取店に都合のいい方法では車を売るな!と解説しましたが、購入と売却を同じお店で行うのは、まさにこの典型例。

そのお店で新車の購入がほぼ決まっており、いま乗っている車もそのお店で売ることがほぼ間違いないなら、お店はわざわざ高額査定を提示する必要ないですよね。放っておいても車は売ってもらえるのだから。

車の購入と売却を一緒に済ませてしまおうという客は、車の売却に関しての知識がないか、あるいは売却の手間が面倒なのか、そのどちらかです。

車の売却の知識がない客なら、当然簡単に手球に取れるし、売却の手間を惜しむ客なら複数業者で査定を行ったりしないだろうから、かなり安い査定額を提示しても、別のお店に車を持っていったりしないはず。

買い取る側からしたら、購入と売却を同時に行う客というのはは、非常に与し易い相手なのです。



▲ このページの先頭へ





その他のカテゴリー

車購入に役立つ記事 | 車売却に役立つ記事 | 車売却に関する基本事項




▲ このページの先頭へ