車査定 事故歴

車の売却で損をする人の共通点
車売るならここに注意!

車の査定で事故歴は正直に話すべき?

車を電柱にぶつけたり、オカマ掘られてバンパーやボディーを修理したことがあるなら、査定のときにきちんと伝えるべきです。

事故歴や修復歴は当然査定に響きますが、黙っていてもどうせバレます。後で買取店とトラブルになるので、事故歴などは隠さないように。

虚偽申告は賠償金の対象にもなる

事故歴隠しは犯罪 法律的な話をすると、事故歴などを自分から進んで話す義務は無いことになっています。黙秘権というものが存在していることからもわかるように、自分に不利なことを話さないこと自体は罰則の対象にはならないのです。

しかし、
査定士に事故歴の有無を聞かれて、そのとき嘘をついてしまうと告知義務違反にあたり、罰則の対象となってしまいます。

買取の契約をお店と交わしていても、虚偽申告が判明したらその契約は無効となります。それどころかお店から訴えられ、賠償責任を負わせられることも。

だから事故歴があるか聞かれたら絶対嘘をついてはいけません。正直に話しておかないと、後々大変なことになりますよ。

事故歴は聞かれなくても話すべき

もちろん事故歴を聞かれなくても、自分から話したほうがトラブルになりません。大きな事故なら尚更です。

小さな事故は査定にそれほど影響しないことが多いので、この場合も話しておいた方が気持ちよく取引が出来ます。

どの程度の事故にしろ、聞かれる前から話すようにしましょう。



▲ このページの先頭へ





その他のカテゴリー

車購入に役立つ記事 | 車売却に役立つ記事 | 車売却に関する基本事項




▲ このページの先頭へ