車売却 車売る

車の売却で損をする人の共通点
車売るならここに注意!

車を売却する手段

車を売却する手段は主に4つあります。

それぞれの長所・短所を理解して、自分にはどの方法が適しているかを見極めましょう。

ディーラーで下取り

新車を購入する際にお店に引き取ってもらう方法。一番ラクな手段ではあるけど、買取り金額は安い。

買取店で売る

車の買取専門店や中古車販売店に買い取ってもらう方法。手軽な割には結構いい査定額が出る。一括査定を使えば高価買取りも期待出来る。

オークション代行

オートオークションに出品して売却する方法。一般人は参加不可なので、代行業者に依頼することになる。トラブルも多いので、あまり利用されていない。

個人売買

知人に売ったり売買サイトを利用して売る方法。面倒な手続きを全部自分でやる根気と知識が必要。トラブルも多い。

下取り・買取りが一般的

車の売却で問題となるのは、売却金額・安全面・手間の3つでしょう。

売却金額だけを考えたら個人売買やオークションは有利ではあるけど、ある程度知識がないと難しいし、手間も掛かります。トラブルもよく起こるので、さらに手間を取られる可能性があります。

そう考えたときに現実的な売却手段として残るのが、下取りと買取り。現在車の売却はほとんどが下取り・買取りで行われています。確実性という点でオークションや個人での売買はやはりリスクが大きすぎます。

とくに買取りは「売却金額・安全面・手間」の3つのバランスがもっとも取れている売却手段です。手間が掛からないし、トラブルもほとんどないし、買取り金額も優秀。

下取りは手間や安全面は文句なしですが、買取り金額が低いのが残念。車は安く買い取れてもいいので楽をしたいという人向きの売却手段と言えます。



▲ このページの先頭へ





その他のカテゴリー

車購入に役立つ記事 | 車売却に役立つ記事 | 車売却に関する基本事項




▲ このページの先頭へ