車売る いくら

車の売却で損をする人の共通点
車売るならここに注意!

車買取店の手口|いくらなら売ってくれますか作戦

提示された査定額に不満を示すと大抵言われるセリフがこれ。「じゃあ、いくらなら売ってくれますか?」

査定を申し込むときに言わることもあります。「希望の売却額とか御座いますか?」

買取店に車を持ち込んだらアンケート用紙みたいなものを渡され、そこに希望の売却額を書く欄があったりもします。

とにかく買取店はこちらの希望額を知りたがります。でもこれ罠です。希望額を聞かれて素直に答えてしまうと、買取店の思う壺に。

査定をお願いした業者すべての査定額が出揃って、最終交渉に入った段階なら具体的な数字を出して最後のひと絞りを行いますが、序盤では具体的な数字を言わないのが鉄則です。

希望額はどう答えてもこちらの不利に

希望額を聞かれてどのように返答しても、こっちが不利になるように出来ています。買取店はそれを狙っているわけです。別に本当にこっちの希望額を知りたいわけではなくて。

車の売却でよくある失敗のひとつ「相場を知らないのに無茶な金額をふっかる」のページでもご紹介しましたが、車売却の希望金額はどう答えてもいい結果にはつながりません。

低く言ってしまうと、当然その値段で買われて損をするし、相場を大きく上回る値段を言ってしまうと、営業マンに笑われるだけ。バカにされたりナメられたりする原因となってしまいます。

じゃあちょっと高めに値段を言ったらどうかと考えますが、その場合でももうそれ以上の金額を引き出すのは難しくなってしまうという結果に。言わば自分で限界を設定してしまうようなもの。

このように「いくらなら売ってくれますか?」という質問は、車を安く買い取られてしまう罠的な質問です。そのような手口に乗ってしまっては損をしますよ。

希望額を聞かれたらこう答えよう

「いくらなら売ってくれますか?」と聞かれても、具体的な金額を言ってはいけません。

「具体的な金額は想定していません」
「一番高く買ってくれるお店に売ります」
「まだ未定です」
このような感じで上手くはぐらかすといいです。アンケート用紙にもこのように書くか、あるいは空欄で提出しましょう。

具体的な希望額を言わないと買い取ってくれない業者なんていません。車の買取金額はこちらの希望額で決まるのでなく、あくまで査定で決まるのですから。



▲ このページの先頭へ





その他のカテゴリー

車購入に役立つ記事 | 車売却に役立つ記事 | 車売却に関する基本事項




▲ このページの先頭へ