車買取 帰らない

車の売却で損をする人の共通点
車売るならここに注意!

車買取店の手口|なかなか帰ろうとしない作戦

車の査定に来てもらったはいいが、営業マンが全然帰ろうとしない場合があり、困ってしまいますよね。

粘られるとつい面倒になって、相手の言い値で車を売ってしまうという事態にもなりかねません。

こうしたことを防ぐ一番の方法は、帰らず粘られるような状況を未然に防いでしまうことです。

一対一の状況は極力避ける

査定が終わっても帰ろうとせず、今すぐ売ってくれの一点張り。こういう状況を避けるには、一対一で査定をしてもらわないこと。

複数の買取店に出張査定をお願いして、複数の業者に同じ日同じ時間に来てもらえば、一対一は避けられます。合同査定会状態にして、一対複数という形にしてしまいましょう。

こうなると向こうも帰らず粘るという作戦が使いにくくなります。一社だけを相手にしているわけではないのですから。

合同で査定してもらって一番高い金額を付けてくれたお店に売るというルールを伝えておけば、帰らず粘る業者はいないでしょう。

帰してくれないケースにも注意

買取店に直接持ち込んでしまうという失敗を紹介してページでも解説していますが、帰してもらえないケースにも要注意です。

出張査定に来た営業マンが帰ってくれないのも困りますが、むしろそれより厄介なのが、買取店に車を持ち込んで査定してもらって、終わった後もなかなか帰してくれないケース。

キッズコーナーに子供を預けている場合は、まるで子供を人質に取られたような感じになってしまいます。

お店というのは相手のテリトリーで、こちらにとってはアウェー。相手がペースを握るだけに、引き止め工作にハマると厄介この上なし。

こうしたアウェーで一対一の交渉になるのは避けましょう。やはり一括査定を利用して複数の業者に自宅に査定に来てもらうのが、面倒を避ける一番の方法です。



▲ このページの先頭へ





その他のカテゴリー

車購入に役立つ記事 | 車売却に役立つ記事 | 車売却に関する基本事項




▲ このページの先頭へ