車査定額 言わない

車の売却で損をする人の共通点
車売るならここに注意!

車買取店の手口|なかなか査定額を教えない作戦

赤い車 買取店に査定してもらっても、なかなか具体的な金額を言わないのでイライラしますよね。

逆に営業マンから「いくらなら売ってくれますか?」などと逆質問される始末。

買取店がこうやって査定額をなかなか言おうとしない訳は、ライバル店にその金額に上乗せされて買い取られてしまうから。「査定額は50万円です」などと下手に言ってしまうと、あとから査定に来たライバル店に51万円で買い取られてしまいます。

だから査定をしてもらっても、具体的な金額は言おうとしません。買取店は「金額を言ってしまったら負け」という感覚を持ってます。でもこれは売る側にしても一緒。車の売却では金額を言ってしまった方が不利な立場に立たされるのです。

参考ページ:
車の売却希望額を聞かれても具体的な数字は言わない方がいい

ルールを伝え合同査定をやろう

買取店は基本的に査定額は言わないものだと考えておいて間違いないでしょう。言ったとしても「30万円~60万円ぐらいです」という幅をもたせた曖昧な金額しか言わないことも多いです。

金額は言ったら負け。いかにお客に希望額を言わせるかが営業マンの腕の見せどころです。

車売却の知識がある人でも、腕の良い営業マンとの交渉は苦戦します。だからまともな交渉は最初からしないのが懸命です。つまり一対一の状況は絶対避けること。

査定は必ず複数業者に依頼します。ネットで一括査定を申し込むときに、複数の業者に同時刻に来てもらう旨を備考欄に書き添えておくといいです。

合同で査定をしてもらい、一番いい金額を提示してくれたところに売るとハッキリ明言するのです。こうすれば買取店は駆け引きが非常にやりにくくなります。もう具体的な査定額を提示しないわけにはいきませんからね。

「30万円~60万円ぐらいです」などと言っていると、競争にすら参加させてもらえないのですから。

合同査定

一括査定を利用して複数業者を同じ日同じ時刻に呼び寄せる。そしてルールを明言して、全業者に具体的な金額を提示させるようにします。

これが買取店にとっては一番手強いやり方です。でも今ではもう一般的になっていて、買取店としても「また合同査定か。キツイな」ぐらいの感覚です。

高価買取りが期待出来るだけではなく、交渉を避けることが出来る方法でもあるので、車の売却法としてはベストと言えるでしょう。



▲ このページの先頭へ





その他のカテゴリー

車購入に役立つ記事 | 車売却に役立つ記事 | 車売却に関する基本事項




▲ このページの先頭へ